Google

Yahoo! JAPAN



モアレ リンク集

モアレまたはモワレ(仏: moir?)は干渉縞ともいい、規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた時に、それらの周期のずれにより視覚的に発生する縞模様のことである。また、規則正しい模様を、デジタル写真などのビットマップ画像にした場合も、画像の画素解像度と模様の周波数のずれが原因で同様の縞模様が発生するがこれもモアレと呼ぶ。また印刷でも網点という点の集まりに画像を変換するので同様の現象が発生する。(これらの詳細は下記参照)モアレそのものも周期を持ち、この周期は元になる模様の周期の組み合わせで決まる。物理学的にいうと、モアレとは二つの空間周波数のうなり現象といえる。様々な形態で発生するため、モアレにもいろいろなものがある。モアレを望ましからぬものとして取り除く対象にする場合もあり、逆に発生したモアレを有用なものとして利用する分野もある。

コラーゲン 蕁麻疹 歯列矯正 失敗・費用

印刷では、写真のような階調を表現するために、網点を用いる。すなわち色の濃さを規則正しく配置された点それぞれの大きさで表現する。このため、印刷された写真をもとに原版を作成して再び印刷すると、網点のピッチの違いや、ピッチが同じでもわずかな傾きによってモアレが発生することがある。またカラー印刷では、複数の色版の網点を重ねて印刷するため、周期的な色模様がみえる場合がある。このため、各版はモアレが最も目立たないとされる角度に網点を傾けて印刷している。モアレの出た写真は極めて見栄えが悪いため印刷においては注意して避けるべき点の一つである。

痛風 コレステロール パチンコ攻略法

モアレは迷惑な現象だけではなく、これを積極的に利用することもある。高精度の位置決め用の位置センサの一種モアレスケールでは、わずかにピッチを変えた平行縞を重ねたときに発生するモアレが、二つの並行縞の相対変移よりも大きく移動することを利用し、変移を拡大して測定するものである。また、立体の表面に二つの格子縞を投影したときに発生する干渉縞の形状(等高線)から物体の立体形状を得る方法を、モアレトポグラフィという。脊柱側弯症の診断(モアレ検査)に、モアレ写真法が使われる。

リンパマッサージ 方法 施主支給 メタトレーダー 顎関節症 症状・原因

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009 モアレ リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4